昨年のお礼と今年の抱負

去年は琉球わんにゃんゆいまーるの活動が
主体となり、メンバーとともにTNRを頑張りました。苦情対応もすることも増えて、飼い主のいない猫に関わる苦情の多さに猫も人も暮らしにくい環境になっていることを実感しました。
苦情の軽減をすることで、猫も住みやすい環境が必ずできる。そう信じて、来年も頑張ります。
つなぐおきなわの活動では
つなぐマガジンを2回発行、つなぐフェスを2回開催、ねこサミット開催、ペットカーニバルに参加し、パネル展などを行いました。
つなぐフェスがきっかけで
里親さんが見つかったわんにゃんもいて
とても嬉しく励みになりました。
また、つなぐフェス、ペットカーニバル、チャリティカレンダーなどでの寄付金はなんと
約110万円も集まり、県内の愛護団体さんへ
寄付することができました!
わたし一人ではこんなに寄付をすることは
できません。みなさまの温かいお気持ち
本当にありがとうございます。
たくさんの保護犬猫たちも喜んでくれていると思います。
ご協力、応援いただいているみなさま
本当にありがとうございます。
今年は新しいことでは講演会の依頼があり、
県内某小学校や浦添倫理法人会にて
動物愛護についてお話をする機会をいただきました。
積極的に雑誌や新聞、ラジオなどにも
ださせてもらいました。

様々な年代、関心のない方や、知らない方に伝えることは大切だと思います。
知る、考えるきっかけ作り。
そして、人と人、人と動物、みらいをつなぐ。
一匹でも多く幸せな犬猫を増やすために、
様々な人を巻き込んで大きな流れを作りたい。私にできることをやる!ただそれだけです。

啓発活動は目の前の命を直接救うことは
できませんが、未来に幸せな犬猫を必ず
増やしていけるはずです。
収容される犬猫が減れば殺処分も減る。
つなぐおきなわがきっかけで
知ってもらうことができるように
共感してもらえる啓発活動の形を色んなアプローチから考えていきます。

本当に応援、ご協力、ご支援をいただきありがとうございました。
わたし一人では決してできていません。
みなさまの支えがあるからこそです。

人と動物が幸せに暮らす社会を目指して。
みんなで一緒に一歩ずつ進んでいきましょう!

TSUNAGUOKINAWA

人と動物が幸せに暮らす社会を目指して。